軽自動車を購入するメリットとは?初めての方が知って得する豆知識を詳しく解説

軽自動車を購入するには3つのメリットがあります。
使い勝手がいいということ、燃費がいいこと、税金などの維持費が安いことです。
そのため2000年では走っている車の3割弱でしたが、20年後には4割にもなり、人気が高くなっていることがうかがえます。
セダン・ハイトワゴン・スーパーハイトワゴン・バン・SUVやスポーツカーなど、いろいろな車種があり、自分の好みや生活様式に合わせて選べることも人気を後押ししています。

軽自動車を購入するメリットとは?初めての方が知って得する豆知識を詳しく解説

軽自動車はコンパクトサイズで小回りが利くので、近所への買い物などにぴったりです。
外から見たサイズは小さくても車内の空間は広々としているものもあります。
重量も軽く、燃費がいいのも特徴です。
中にはカタログ値ではありますが、30km/Lを超えるようなものもあります。
また、税金や車検などの維持費も安くすみます。
普通自動車であれば自動車税で最低25,000円/年に対し、軽自動車税は10,800円/年ですみます。
重量税も安いですし、タイヤやエンジンオイルなどの消耗備品も安く購入できます。
車の購入時ではコンパクトカーと大きな差は出ないですが、維持のことを豆知識として知っておき役立ててください。

軽自動車は日本ならではの実用的な規格

自動車を所有していると生活をするときに活用することができますから、快適な生活を実現することが可能です。
どのような自動車を購入するのかは各自で自由に決めていくことができますが、基本的には軽自動車を選ぶといいかもしれません。
軽自動車であれば実用的に活用することができるので、誰でも安心して運転することが可能です。
日本にあっている特徴があり、それは道路が狭いことが影響しています。
地方や都会に関係なく広くて走りやすい道も少なくありませんから、そのような場所であれば普通の自動車でも快適に運転することができるはずです。
しかし日本の場合は住宅街になると一気に道が狭くなることが多いので、そのようなところをスムーズに走るには軽自動車が最適になってきます。
狭い道でもスムーズに進んでいくことができますから、安心して運転することが可能です。
日本はいきなり狭い道になってしまうところが多いので、その点を考えても軽自動車は実用的だと考えられます。

軽自動車の定員は最大で4名と決められている

維持費が安くて経済的な軽自動車ですが、ひとつ注意しなければならないのは定員が最大で4名と決められていることです。
最近の軽自動車は中が広々としている物が多く、スペース的には5人以上乗ることができそうに感じますが、法律によって最大で4名しか乗ることができません。
一人で使用をする場合には特に問題となりませんが、人を乗せる機会が多かったり5人家族以上の家庭だった場合には、全員を乗せることができないので注意をしましょう。
日常的に5人以上を乗せないのであれば、それほど気にすることはないものの、いざそのような機会があった時に困らないように事前に覚えておく必要があります。
また、5人乗れる車が欲しいのであれば必然的に普通車となっておくことも知っておきましょう。
特に車に興味がない人だと車の定員は大きさによって決まるものだと思ってしまいがちなので、何人まで乗れるかはしっかりチェックしておきたいポイントになります。

狭い駐車場や路地でも余裕を持って走れる軽自動車

日本は車社会なので多くの方が車を利用していると思われます。
若い世代で免許を持たない人が増えていますが、地方で生活するのであれば不可欠な移動手段です。
東京は公共交通機関が充実しているので無くても生活できますが、地方では車がないと生活できない人が少なくありません。
乗用車ではなく、軽自動車の人気が高いです。
その理由はコンパクトサイズで運転しやすいことが挙げられます。
狭い駐車場や路地でも余裕があるので、運転が得意ではない方にピッタリです。
狭い路地は曲がるだけでも難しいところがありますし、車同士ですれ違う際は擦れてしまうリスクもあります。
軽自動車で運転に慣れてから、他の車にチャレンジすることをおすすめします。
軽自動車は価格が安かったり、税金や車検費用などの維持費を安く抑えることができることも魅力です。
給料が少なくてお金に余裕がない方は、無理をしないで軽自動車を利用するべきです。
最近は機能性や燃費も優れています。

財布への負担も軽い軽自動車の魅力

軽自動車といえば、コンパクトで普段遣いがしやすく、思いの外メリットが多いといえるのではないでしょうか。
軽自動車の魅力はサイズが小さくて小回りが良く利き、車の運転が得意でない人にも扱いやすいことです。
また車両が軽量なので燃費が良好で、維持費が掛かりにくく環境負荷が軽減できるのも軽自動車の良い点です。
税金も安いですし、保険や高速道路の利用料金すらも安くなるのがメリットです。
坂道や悪路には向きませんが、街中で生活の足として考えるのであれば、軽自動車は魅力満載となります。
勿論、コンパクト故に車内空間が限られてしまうので、大人数や荷物を多く運ぶといった用途には向かないです。
それと加速はそれなりですから、急加速を楽しみたい人は普通自動車を選ぶべきです。
近年はイメージが改善されていますが、従来はスピードが遅くノロノロと走るイメージが定着していたので、公道では煽られやすい傾向があるものの、実力を見せれば考えが改められて煽られなくなるのは確かではないでしょうか。

税金や高速道路の料金も安い軽自動車

車を所有するときに軽自動車を選ぶメリットの一つが、納付すべき税金の少なさです。
毎年納めることになる車税も、車検時に車両の重さに応じた税額を納める重量税も、ともに軽自動車に関しては税額が一律となっていて、しかも普通車より少し安く設定されています。
所有期間が長くなるほどメリットは大きくなっていきますが、新車登録が13年が経過すると重課が始まり、本則より多い金額を納めなければならなくなる点に注意が必要です。
また、高速道路を利用する機会がある人にとっては、利用料金の安さも軽自動車を所有するメリットとなり得ます。
普通車の場合の8割程度という安い料金設定されているのは道路に与える負荷があまり大きくないことや、時間的・空間的に占有する度合いが低く、得られる便益が少ないことなどが主な理由です。
車のスペックにこだわりがなく、通勤や通学の足となるものが欲しいと考えているであれば、普通車より維持コストが少ない軽自動車が断然おすすめです。

軽自動車の月額料金にはどういった費用が含まれる?

普段の生活のために軽自動車を使いたいけど、購入するのはお金が掛かるからと諦めている方も多いのではないでしょうか。
たしかに軽自動車は維持費は安いですが、車両本体価格自体はかなり高額です。
また車検や税金、保険料など、定期的な出費が心配だからかもしれません。
しかし今ではカーシェアやカーリースなどの仕組みが徐々に浸透してきましたし、掛かる費用を大幅に節約できるようになりました。
安い会社からの利用だと一万円前後から借りられるので、多くの家計にとって非常にありがたいサービスです。
軽自動車の月額レンタル料金には、各種税金や保険料などが含まれます。
それに加えて車検代や消耗品の交換費用、各パーツのメンテナンス料なども含まれるケースもあります。
ですが自分たちで軽自動車を購入して各種料金を支払うよりもはるかに安く済ませられる上に、好きなタイミングでレンタルを開始したり終了させることも可能です。
利用者個人や家族のライフスタイルに合わせた使い方ができるので、必要に応じて申し込むようにすると良いでしょう。

軽自動車は走行距離に制限がある?

軽自動車と普通自動車を比較して購入する車を決定しようとしている人の中には、購入後にどの程度まで走行距離をのばすことができるかを気にかけているという例も少なくありません。
言い換えると耐久性ということにもなりますが、一般的に販売されている現在の軽自動車であれば、普通車の耐久性と遜色のあるものではなく、適切なメンテナンスを実施していれば相当の距離を走行することが可能であるといえます。
10万キロや20万キロなどまで使用し続けている軽自動車オーナーも多くいますので、日常的に使用し続けている場合であっても、極端に長距離が多いなどの使い方をしない限り、大きな問題は生じないものと考えられます。
部品の耐久性が低いという心配や、安いなりに車体の造りも長距離の使用に耐えられないというイメージも少なくないものの、高度な工業技術によって生産されているため安心感があるものと言えるでしょう。
軽自動車を長く大切に使い続けることは、環境にも経済的にも良い方法です。

ボディが小さい軽自動車は場所をとらない

軽自動車のサイズは規格によって制限されています。
全長3.4mと全幅1.48m、全高2mとなっているのです。
このコンパクトさは場所を取らないことがメリットです。
一戸建てで見かける縦列タイプの駐車場は、縦に自動車を並べていくタイプです。
奥の車を出すために、前の車を一度どかさなければならないのが手間ですが、建物と庭のスペースを確保しやすい利点があります。
その縦列タイプの駐車場が10m強あれば、軽自動車は3台停められるのです。
サルーンと呼ばれるセダンは5mを超えるものもあります。
10m強のスペースに1台しか停められないこともあるのです。
都会の駐車場代を考えるのこの魅力は軽視できません。
街乗り中心で、5人以上が乗車しないならば、軽自動車を候補に入れるのが賢明です。
もちろんボディが小さいから、狭い道でも楽にすれ違えますし、コインパーキングでも駐車しやすいです。
運転が苦手な人に優しい自動車と言うことができます。

坂道でのパワー不足が懸念される軽自動車

軽自動車は排気量の上限を660ccに制限されています。
ボディが小さく軽量であってもパワー不足になりがちですから、ターボやモーターを搭載して出力やトルクを補助しているモデルが多いです。
マイルドハイブリッドのモーターがアシストする時間は短いですが、ターボは常にパワーアップに寄与してくれます。
現在のターボは、いわゆるターボラグつまりアクセルを踏んでからの反応の遅さが軽減されたため、気持ちよく運転ができます。
しかしそんなターボモデルでも力不足を感じるシチュエーションがあります。
それは大人4人が乗車にして、坂道を登る状況です。
現在最も売れているスーパーハイト系は900キロ前後の車種が多いです。
そこに大人4人の体重が加わると、なかなか坂道を登ってくれないのです。
苦しそうにエンジンが唸りをあげる状態が続くものの、加速は鈍い状態になります。
これは軽自動車の排気量に制限がある以上、避けることは難しいです。
これから普及するであろう軽の電気自動車に期待するしかありません。

大人数のレジャーなどには不向きの軽自動車

日常的な手軽な移動手段として、軽自動車が人気ですが少人数での移動には適していますが大人数でのレジャーなどの利用ではあまり適していないケースがあります。
まず、大人が乗れるのは4人までですし定員を満たすほど乗っていると荷物を積むのが難しくなります。
軽自動車は最近収納スペースが広いものが流行していますが、あくまでそれは人が乗っていない場合ですしトランクスペースが広いものもありますが普通乗用車に比べると狭いです。
大人数で出かけるとなると、それなりに荷物も積まなくてはなりませんがそうした時にはあまり適していません。
もちろん、日常の足として移動をするのには最適ですし2人くらいなら後部座席に色々なものを積むことができます。
最近人気のキャンプでは、それなりに道具を積む必要がありますが大人数での移動には適していないといわざるを得ないのが実情です。
2人程度なら十分積むことができますので、用途に応じて使うとよいでしょう。

全自動車保有台数のうち軽自動車が占める割合は?

日本は車社会なので多くの人が利用していると思われます。
東京都心は電車やバスが充実していて車が無くても生活できますが、地方では30分から1時間に1本程度しか電車がないので不可欠な移動手段です。
安全性や燃費も向上して、今後も高いニーズが期待されています。
全ての自動車保有台数のうち軽自動車の割合は、直近のデータで約37%です。
普通乗用車が40%なので、軽自動車は多くの人から支持されていることが分かります。
人気が高くなっている理由は、コンパクトで運転しやすいことです。
日本には狭い道路や駐車場が多くあるため、乗用車では上手く運転できるか不安に感じている人が少なくありません。
軽自動車であれば運転が得意ではない方でも安心して利用することができます。
最近は燃費や馬力などの機能性も充実しています。
乗用車と比べれば劣る部分がありますが、それでも以前の軽自動車と比べてかなりクオリティが高くなっている点も評価されています。

ファミリー層からの支持も高い軽自動車

自動車づくりの技術は年々進歩しているため、軽自動車でも満足する家庭が増えています。
現在人気があるボディタイプは、スーパートール系です。
普通車を含む乗用車の中でも背が高く、スライドドアを搭載しています。
エンジンルームを小さくして、室内空間を広げる努力をしてきたため、大人4人でもゆったり座れるスペースがあります。
さらにスライドドアはファミリー層から支持を得ています。
子供がヒンジ式のドアを開け閉めする必要がないため、隣の車に傷をつける心配がないのです。
ドアの開け閉めが面倒なお年寄りでも、楽に乗り降りができます。
運転性能や静粛性も向上してきました。
かつての軽自動車は、高速道路の運転が難しいと言われていました。
高回転までエンジンを回しても、加速が鈍くて危なっかしかったです。
しかし現在は自然吸気モデルでも、ある程度の加速感がありますし、音も静かになりました。
高速道路も80キロほどで巡航すれば、疲れずに運転できるようになったのです。

軽自動車の消耗品が安価に販売されている理由

軽自動車の消耗品は安価な物が多く、メンテナンスコストが低いのも魅力です。
それではなぜ軽自動車の消耗品は安く手に入るのかと言えば、単純に元々値段が安いという理由があります。
軽自動車自体が税制的に優遇をされていて、維持費の安さが魅力であり購買層もできるだけ出費を抑えたいという人たちが購入をします。
ターゲットとなる層が金銭面でのメリットを求めているわけですから、車両本体自体が高くなっては購入してもらうことはできません。
そこで、車両にかかるコストを抑えるためには細部のコストカットも重要となり、結果的に消耗品も極力安く済ませることができるようになっているというわけです。
また、軽自動車は数が多いのでその分だけ部品の数も多くなるため、結果として安くなりやすいという側面もあります。
少量生産だとどうしてもコストがかさんでしまいますが、大量生産となれば部品一個あたりの価格は安価で抑えることができるというわけです。

軽自動車は車種によってボディタイプや特徴が異なる

一口に軽自動車と言ってもさまざまなタイプがあります。
それを理解してから車種選びをしても遅くないでしょう。
まずボディタイプはトールとスーパートール、セダンです。
名前の通りトールは背が高く、スーパートールはそれを超える全高です。
どちらも室内の広さが魅力で、スライドドアを搭載した車種も多いです。
子育てに使うのに優れたタイプだと言えます。
セダンは昔からあるボディ形状で、軽量とボディ剛性の高さが魅力です。
660ccに制限された軽自動車ですから、軽いほど加速力が大きくなります。
さらにボディがしっかりしているため、スムーズなハンドリングを感じられます。
動力に関してはまずガソリンの自然吸気とターボがあります。
それからマイルドハイブリッドと電気自動車です。
ターボ搭載モデルは制限いっぱいの64馬力であり、パワフルです。
マイルドハイブリッドは小さなモーターとバッテリーを載せたもので、発進時にアシストしてもらえるところが魅力です。
軽自動車ながらエンジンの唸りが少ない点がメリットです。
電気自動車は常にモーターで走るモデルで、ガソリン自然吸気の2倍近いトルクと静粛性が魅力です。

日本で普通車よりも軽自動車が人気の理由とは

運転免許証を持っている人の中には特定の車を所有し、日常生活で毎日のように利用しているのではないでしょうか。
中でも軽自動車の人気が非常に高く、たくさんの台数が町中を走っているはずです。何故軽自動車がこれほど注目を集めているのでしょうか。
理由はいくつか考えられますが、まずは燃費の良さです。特にここ数年はガソリン価格が高騰しているので、ドライバーにとって相当な負担になっています。
軽自動車だと普通車よりもかなりガソリン代を抑えられるので、日常生活の負担もある程度減らせます。
また最近の車は本当に使い勝手が改良されていて、各パーツの性能が良いので走りにも不満が無くなっていますし、室内にも十分な広さが確保されています。運転する人だけでなく同乗者も満足できるので、所有する価値は非常に高いと言えます。
もしこれから購入を検討しているなら、まずは中古車から始めると良いです。車両購入価格を大幅に減少させられますし、家計の負担もある程度抑えられるからです。
国内メーカーも軽自動車には相当力を入れていますし、ぜひ最高の一台を探してみると良いです。

軽自動車は意外と乗り心地が良くて快適です

昔は軽自動車に乗っている男は低収入だとバカにされる傾向にありましたが、最近は見た目や乗り心地の良さを感じられる素敵な軽自動車が多くの有名なメーカーから続々と販売されるようになってきているので、自分らしくて安い車を自由に乗りこなしていきたいと希望しているならぜひ買ってみることをおすすめします。
軽自動車の大きな魅力に関しては、ボディがとてもコンパクトなので小回りが利きやすいこと、意外とスピードを出すことができて乗り心地が良いものが多いこと、そして車検代が一般的な乗用車に比べてかなり安い点です。
自動車税も安く抑えることができますし、カスタマイズも自由に行えてオシャレな見た目にしていくこともできるので、これから新しく新車の購入を考えているのであればぜひ選択肢の一つにしてみてください。
ただし、買う際には必ず試乗することは忘れないようにしましょう。ブレーキの内やハンドルの握った感覚などが合わないと、快適な走行自体がなかなか難しくなってしまうからです。

軽自動車の排気量は、660ccと一般的な車の半分程度です。

軽自動車の排気量は、1990年1月までは550cc以下とされていましたが、現在では660ccと少しゆとりがあります。
背景には、1947年7月まで全長が2800m以下だった規格が3200mm・3400mmと拡張されていったことによりエンジンパワーが必要になったとされていますが、普通車との格差を少し縮めて販売台数を増加させたい思惑があった様です。
軽自動車は、自然吸気車両でエンジンパワーが50馬力前後と非力に感じる人もいますが、過給機が付帯した車両では60馬力前後と逆にゆとりを感じる様になっています。
バブル経済の破綻以降、一般的な車両ではモーターを付帯したハイブリッド車両がシェアを大きく伸ばしていますが、軽自動車でもマイルドハイブリッド車両が販売されています。
マイルドハイブリッドは、一般的なハイブリッド車両の様に蓄電していたエネルギーを回すのではなく、過給機の様に排気ガスの勢いでモーターを回す省エネシステムです。

軽自動車は使い勝手の良さと燃費が人気の秘密

軽自動車は、使い勝手の良さが特徴です。 室内の広さなどはSUVなどと比較して落ちるものの、車両サイズが小さいため狭い道は楽に運転できますし、スペースのない駐車場に止めるときも苦労がありません。
特に狭い道路が多い都会ほど運転しやすいので、日常使いには最適でしょう。 ちょっとしたお買い物や子どもの送り迎えに使える車を探している人には、軽自動車は非常におすすめの車種です。
軽自動車は、大型の自動車と比較すれば燃費性能が高いのも使い勝手が良い理由です。 ガソリン代は、自動車を所有している人には悩みの種です。
特に近年はガソリン価格が上昇を続けているため、運転をする回数を減らしてでも節約したいでしょう。
しかし燃費性能が良い軽自動車なら、少ないガソリンで多くの距離を運転可能です。 使いやすくて家計にも優しい、こんな特徴があるなら特に若い世代から支持されるのも納得です。 車をお得度で選ぶなら、押し示したい選択肢です。

自宅の駐車スペースが狭いなら軽自動車の購入を

やっとの思いで運転免許証を取得したのなら、次はいよいよ愛車の購入です。事前に目星をつけていた一台を購入し、ぜひ日常生活で愛用すると良いです。
通勤や買い物だけでなくドライブやデートにも使えますし、家族や友達の送り迎えにもきっと重宝するでしょう。
ただしせっかくの愛車も、自宅の駐車スペースが狭いとちょっと面倒です。特に駐車場の横の幅が狭いとバックで駐める時に苦労しますし、縦の幅が狭いと道路にはみ出てしまうおそれがあります。
他の車の迷惑になりかねないので、もし車を購入するならぜひ軽自動車を選ぶと良いです。
軽自動車だとほとんどの車体が短いので、運転初心者が駐車をする時にかなり楽です。しかも最近の軽自動車にはバックモニターが備え付けられている場合が多いので、バックで停める時も安全なはずです。
車両本体価格も普通車よりかなり安く済むので、家計的にも安心です。軽自動車間最寄りの販売店で取り扱われているので、もし気に入った車種が見つかったなら速やかに購入してみてください。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車購入のメリット

軽自動車を購入するには3つのメリットがあります。使い勝手がいいということ、燃費がいいこと、税金などの維持費が安いことです。そのため2000年では走っている車の3割弱でしたが、20年後には4割にもなり、人気が高くなっていることがうかがえます。セダン・ハイトワゴン・スーパーハイトワゴン・バン・SUVやスポーツカーなど、いろいろな車種があり、自分の好みや生活様式に合わせて選べることも人気を後押ししています。

Search